診療内容

耳、鼻、のどの、こんな症状でお困りではありませんか?

カマカズ医院では、下記のような症状を診療しています。
気になる症状がございましたら、ご相談ください。

耳が痛い、きこえが悪い、耳がかゆい、耳がつまる感じ、耳なり、めまい

鼻水がよく出る、鼻水がのどに落ちる、鼻づまり、くしゃみ、においが弱い、臭いにおいがする

のど

のどが痛い、痰がからむ、のどの違和感、咳

その他

首がはれた、いびき、顔の動きがわるい、口が開けにくい

特殊な検査、治療

アレルゲン免疫療法(特異的減感作療法)

抗原(アレルゲン)を少しずつ体内に入れ、徐々に増やしていくことでそれに対する過敏な反応を起こしにくい体質にしてゆくための治療法です。効果は7割程度と言われています。鼻炎だけでなく、喘息やアレルギー性結膜炎にも効果が期待できます。
従来から皮下注射にて治療を行っておりましたが、2014年から舌下投与のお薬が加わりました。皮下注射と比べて来院日数は減りますが、連日の服用が必要です。アナフィラキシーの副作用は稀と言われています。いずれにしても根気のいる治療法ですが、アレルギーを根本から治す唯一の治療法です。

ヒスタグロビン注射(非特異的減感作療法)

上記の特異的減感作療法とは異なり、いずれかのアレルギーの原因に関係なく、アレルギー疾患を体質から改善する治療法です。ヒスタグロビンを注射することで、アレルギー反応の誘発物質であるヒスタミンに対しての抗体をつくりだし、アレルギー反応を抑えます。このヒスタグロビンは国内の献血血液から製造されていますが、昭和42年に国内で発売されて以来、感染症の報告は一度もなく安全性が高く評価されています。

睡眠検査、CPAP療法

いびきや夜間の無呼吸がある方は睡眠検査をおすすめしています 。
睡眠時無呼吸症の場合は、心筋梗塞や狭心症といった心疾患、高血圧、脳梗塞などさまざまな成人病にかかる恐れがあり、早急な対応が必要です。
本症は耳鼻咽喉科領域の病変により引き起こされることがほとんどであり、鼻、のどを含めた総合的な診断と治療を行います。
重症な方にはCPAP療法(睡眠中に小さな呼吸器を装着する)の適応があり、当院ではこの治療をされている方の管理も行っております。

補聴器相談

聴力の精密検査を行い補聴器の適応があるか判断し、おすすめの補聴器販売店をご紹介いたします。

ピアス

耳たぶへの装着を行っています。また、ピアスを入れた後の感染予防について指導させて頂いております。申し訳ございませんが、耳介軟骨には合併症のリスクが高いため行っておりません。

紹介先病院

当院では近隣の総合病院と連携して地域医療を行っております。 入院や専門的な検査が必要な場合には、 最適な医療機関をご紹介させていただきますのでご相談下さい。

診療時間

 
9:00~12:00
15:00~18:00

※ 休診日:日曜日・祝日

アクセス

駐車場40台

〒916-0053 
福井県鯖江市日の出町5-4

TEL 0778-51-0207